スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つわり症状とツボ


つわりの症状を軽減してくれるツボがあります。それが手首から指3本分内側にある内関(ないかん)というツボです。このツボはアメリカの国立衛生研究所(NIH)の研究結果でも効果は確認されているというツボの一つです。

このツボは吐き気や胸やけに有効なツボと言われていますので、つわり対策はもちろん、乗り物酔いにも効果的です。とくに副作用の心配も一切ありませんので、妊娠中のママにはおすすめのツボなのです。

腕に着けるだけで、このツボを刺激してくれるシーバンドというリストバンドがあるので、つわりの症状が辛い時は、ぜひお試しください。



副作用が無いので安心!
スポンサーサイト

つわり症状と食事

つわりの時期というものは様々な症状が出るので、本当に辛い時期です。とくに、つわりの症状と食事の方法を知っておくことは、とても大切です。まず、何かを食べられる状況であれば、出来る限り空腹を無くすような食事を心がけましょう。少量で良いので食事の回数を増やすことで量を補えれば、空腹時のつわりの嘔吐感や吐き気を避けることができます。

すぐに食べられる物を用意しておき、空腹を無くすようにすることが、簡単なつわり対策になります。また、つわりの症状は朝に出ることが多いので、夜に少量でも構いませんので少し食べてから寝ますと、朝起きた時の空腹感が少なくなって症状を感じることが少なくなる場合もあります。



消化の良いゼリーなら、便秘対策にもなります!

最近では栄養バランスを考えた健康補助食品が多数販売されていますので、消化の良いゼリー飲料などは便秘探索にもなるのでおすすめです。ただし、決して食べ過ぎなど無理をしないことです。少量でもいいので食べられるものを食べるのが効果的なつわり対策です。

つわりの症状と臭い

つわりの症状では特定の臭いに敏感になることが多いようです。個人差はありますが、ある臭いに敏感になって、症状が悪化してしまうようです。つわりの時期によっては、嘔吐感の症状を誘発する臭いが変わることもしばしばあります。唾液が少なく口が渇いたようになったり、口の中がネバネバと感じることと思いますが、それもつわりの症状なのです。つわりの症状は様々で、妊婦さんによっ症状は様々なのです。
つわりの症状が安定するまで、つわりの症状は続きますので、精神的なストレスも生じやすく気持ちが不安定にもなりやすい時期でもあります。初めての妊娠では不安も募ることも多いと思いますので、がまんばかりせずに病院へ相談に行ってみることも精神的な面でも安心できます。

海外では妊娠中はアロマテラピーで心や気持ちをリラックスさせる療法もありますので、アロマ専門店に相談してみることもおすすめです。



アロマで心と身体をリフレッシュ!

つわりの症状

つわりの症状は様ざまですが、一般的なつわりの症状としては、胸がムカムカとした感じで、食べ物を見たり、特有な臭いで吐き気の症状がでます。1日中ムカムカしたような嘔吐感でゲップばかり出そうな症状もあります。他にも、頭痛、皮膚の乾燥、眠気などがあります。つわりの症状が強いときは、食事ができないこともあります。しかし、空腹は返って、つわりの症状を悪化させることもあります。空腹が続くと吐き気や嘔吐感の症状がでます。そのため、できるかぎり空腹を避けるようにしたほうが良いと言われいます。



ゼリーなど食べやすいものを用意しておくのがおすすめ!

初期のつわり症状では、吐き気や嘔吐感、食欲不振、口がすぐ渇く、便秘などの症状がありますが、つわりの症状が強く、吐き気が止まらなかったり、めまいや耳鳴りの症状が出ている場合は、早めに病院で担当医に相談することをおすすめします。また、体重が減って止まらない場合にも医師に相談した方が良いでしょう。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。